大層秋を飛ばして冬季がやって来たようです。私のいるストリートはまもなく10℃を切りそうで、冬季が本格的に始まったらいかんせんとしてある。

内緒ですが寒いのは小さい頃から実に下手くそだ。

中学校の時は姿勢よりも暖かさお気に入りでジャージ、パーカー、制服を繰り返し着した『姿勢よりも暖かさ』信条を確立していました。

ただし今やハイスクールも卒業しておとなという大きな一区切りを迎える今、何しろ姿勢お気に入りの身だしなみにシフト内側だ。

いま都内とかで流行っているパーカーやスキニージーンズなどを購入したのですが、ここ寒くね? という第一気分だ。

まぁ中学生ハイスクールと上に6枚、下に6枚着込んでいたのでしょうがないのですが。やっぱオシャレは寒いのを我慢して講じる物質かと思いました。

但し昔からオシャレに気を使っていた友だちに相談するといった、誠にジーパンの下にタイツらしいものが出てきました。

そうしてアウターの下にも優しい肌着を着ていました。
誠に、こんな秘訣が存在しているなんて知らなかった。

私も急いで購入して、暖かさというオシャレを兼務したイマドキファッションの侵入を果たしました。

これで今冬は安心して脱することが出来る、ホッと白い息をはきました。
全身脱毛 口コミ

ガーデンのちっちゃな畑も今どきで月まぶた。

これまで蒔いた葉品野菜5原料(ほうれん草 小かぶ 宮内菜 小松菜 水菜)の中で、最も早く大きくなり、丈夫で美味しかった水菜の原料を追加で蒔いて見ることにした。
暖地では11月下流行まで蒔けるそうだが、ここ関東では立冬の遅まきがエンディングかなと想う。

月前に蒔いた水菜は20cm背ほどになっていた。
新鮮な若葉を間引きながら食べているけれど、水やりも、これといった配慮も何もしていない。場所植えの手軽さに驚いた。

原料は1㎜ほどでまん丸っこい。
それを堂々不等を押し付けた壌土におよそ2cm間隔で落として行く。
いよいよ原料を蒔いたときは等間隔に蒔くのが差し障りに思ったけれど、芽が出た状況、すくすく育って出向く状況、鮮やかな緑が1列に並んでいる君が良かった。

淡く壌土をかけ、よくアクセスで踏む。水も止める。これが大事な部位らしき。
最初に誌で読んだときは驚いた。
原料は乳児で、やさしく布団をかけるように壌土を乗せて思いっきり水をやるものだとしていたから。

ぐっすり踏むのは、原料を大地とよく広める結果。
水をやらないのは、のちのち深く大きく育つように、原料自身の根を思う存分深く張らせる結果。
原料の抱える人気は酷い。

花盛りで便利な町の生涯にまるっきりだったので、山々のゆっくりしたリズムや、静粛すぎる周囲の実態で自分だけが依然としてあくせくしているような第六感だった。
それでもそうして心を込めて、原料をつまんで蒔いていると、生命のみずみずしさが少しずつ自分にも染み込んで生じるようだ。

少しずつ私も、自分の生命をのびのびと生きられるようになりたい。
また原料が芽を醸し出す日光が醍醐味です。
キレイモ

庭の乾燥化を防ぐ為、生け垣の上に高い棚を設け何か蔓植物を這わそうかと画策し始めた頃、その植物として真っ先に思い付いたのはやはりアサガオや瓜といったポピュラーな1年草でした。
最近ではアサガオの中でも秋にかけて長く開花シーズンが続く大柄な品種が登場しており、それらに大きな魅力を感じたものでしたが、たまたま近隣にある大型ホームセンターの園芸コーナーを覗いた時に大きな関心を寄せられたのがヤマイモの苗。
数年育てれば立派な自然薯が出来る上、毎年蔓の葉の節にむかごが出来、おつまみの材料としても利用出来るとの事。
私もかつて近くの山に入り自然薯を掘ったりアケビの実を採ったりして遊んだ記憶がありましたが、まさかその蔓が園芸や壁面緑化の目的で有用となる時代が来るとは・・
まだ周囲に残っている野山に出掛ければヤマイモ自体珍しいものでは無く、その苗をわざわざお金を出して買うのは憚られました。食べるのを我慢してむかごを地面に播けば、発芽し苗になってくれるからです。
ただ意外なヒントを貰った事は事実。棚の面積が広い分、アサガオ等で適当な範囲はフォローするのは確実として、残りをヤマイモの蔓で補ってみたいという気持ちが急速に強くなり、早速来週末にでもその材料となる芋やむかごを探しに行って来る予定です。